ママたちの「今とこれから」を大きなテーマとして様々なゲストを招いてお茶をしながら気軽にお話をしたり聞いたりして今の心配事を減らしたり、自分自身の未来のヒントを見つけたりできる場です。

日々の忙しさに流されがちで自分の事はついてついつい後回しにしがち。

今は子育て中。

…でもいつか手がかからなくなる時が来る。
いつかいつかと思っているだけ?
そのうち…と思っていたら介護!?

ふと気づいたとき、あなたは何歳?(キャー怖い!)

それならもっと前向きに自分自身の未来のために今を準備期間としたらどうだろ?

今は自分の将来について漠然としていたっていいと思う。
まずは一歩を踏み出すことから始まる。

始めてみて視野を広げて経験値をあげよっ!
そういうちょっとずつちょっとずつも積み重なるモノ。

自分だけの小さな世界だけではなく、一歩踏み出すことでたくさんの出会い、様々な視点や想いに触れて、勇気やヒントを得られたら…。

そして自身が納得できる幸せだと思える人生を選択していくことが出来たらステキだと思う。


そんなキッカケの場になれば…と私たちは願っています。

 

ママになると家庭では「妻」だけじゃなく「ママ」になり、子どもを介して出会うと「〇〇ちゃん/くんのママ」になったり。

 

それも大切なことだけど、ママだけなじゃない、「わたし」でいたい。

 

どんぽぽにもそんな日ごろとは違う出会いを求めて来てくれる方も多いです。

 

「子ども」の話を一度おいて、

「わたし」としてこんなことをやりたい!

などをみんなで話しませんか?

今回はママだけじゃない「わたし」でいられる場がある3人の方の話を聞いて、そのあとみんなで座談会のようにお話できたらと思っています。

 

今回はお子さんも同じお部屋なので、和気あいあいと出来たらと思っています!

 

 

★おはなしいただけるママの紹介★

1人目 黒澤裕子さん

 

夫婦二人のユニット「nom de cocoa」で、日本で初めてフィンランド発祥の「レストランデイ」を開催。当初は代々木公園で開催していたが、妊娠を機に中断。出産後引っ越してきた習志野市で、大久保にある中央公園にて2015年より再開。毎回50人以上が来る人気イベントに!1児の母。  

2人目 安田加奈さん

 

派遣コーディネーター兼営業として働いていたが、出産を機に退職。3女が3歳の時に、市の男女共同参画センター開催の「ごほうび講座」に参加し、DonnaPopolo(どんぽぽ)を知る。その後、スタッフ活動を開始。またスタッフを通じて、以前のどんぽぽゲストである方と知り合い、その方の元で在宅で仕事を開始。子どもたちが小学校、幼稚園に行っている間をメインに、パソコンで様々なサポート業務や翻訳などをしている。

3人目 椿原千里さん

 

看護師をしていて、出産を機に退職。長女が3歳を前に復職を迷っている中、どんぽぽのいまこれCafeで開催された「資格を活かして働く時間を調整する」の会に参加し、そのままスタッフに。その後、看護師に復帰し、現在は2児の母、看護師、どんぽぽの両立をしている。

■イベント詳細■

 

日時 :5月30日(火)10:00~12:00(受付は9:40~)

場所 :市民プラザ大久保 

   (JR津田沼北口からバス、京成大久保駅から徒歩10分)

    ※駐車場に限りがあるので公共交通機関にてお越しください

保育 :今回は母子同室です

参加費:500円

持ち物:筆記用具、お飲み物、お子さま連れの方はおもちゃやおやつなど

 

お申込みはコチラから