他の団体紹介

 

このページは、他の団体さま紹介・どんぽぽ以外の団体さまの主催する講座等の受講レポート、イベント参加報告などを掲載しています。

子育て支援を考える会

赤ちゃんや幼稚園・保育園に行く前の幼児を持つ親とそのサポーター達の会です。

 

 

◆例会◆隔月第4土曜日13:00~15:00(H25年11月とH26年3月は第5土曜日)

◆話す会◆隔月第4土曜日15:00~17:00(H25年11月とH26年3月は第5土曜日)

H25年:7/27、9/28、11/30、H26年:1/25、3/29予定。

 

場所:谷津コミュニティーセンター

費用:例会/無料、話す会/100円

託児:例会/託児なし(子連れOK)、話す会/無料(1週間前まで要予約)

 

問合:047-407-0812(今泉さん)

子育て支援を考える会 チラシ
子育て支援を考える会.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.8 MB

NPO法人不育症友の会 ハートビートくらぶ

NPO法人不育症友の会 ハートビートくらぶ 

 

赤ちゃんを失うことは、何度繰り返してもつらい経験であることに変わりはありません。流産したことで自分を責めたり、もう一度妊娠を望む気持ちと次も流産するのではないかという不安の間で、精神的にも不安定になりがちです。

周囲の人からの「過ぎたことは早く忘れて」「早く元気を出して」「次は大丈夫」などの何気ない励ましの言葉が、精神的な重荷となる場合もあります。心を開いて話す場もなく一人で悩むことも多いのです。また原因や治療についての情報もまだまだ不足しているのが実情です。
特定非営利活動法人(NPO法人)不育症友の会(通称:ハートビートくらぶ)は、不育症(習慣流産)及び反復流産を抱え努力を続けている患者を中心にした団体で、特定非営利活動法人(NPO法人)の認証を受け、2002年3月5日より「不育症」に関する全国初の特定非営利活動法人として活動をスタートしました。

不育症の発生率は妊娠女性の1~2%に、反復流産に関しては2~5%との報告があります。不育症外来を設けている施設も少なく、患者は信頼できる「病院」を探すのに苦労し、周囲の理解の低さに苦しんでいます。

特定非営利活動法人 不育症友の会では、「不育症」についてより深い認識をもってもらうため、当事者・医療関係者・一般市民とネットワークを持ち、「不育症」についての啓蒙活動を展開しています。

ハートビートくらぶHP http://www.heartbeatclub.jp/index.html

 

 

ハートビートくらぶ 案内チラシ
ハートビートくらぶ.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 2.1 MB

NPO法人傾聴グループ ぬくもりほっとらいん

 

NPO法人傾聴グループ ぬくもりほっとらいん 様

 

悩み苦しんでいる人・話を聴いてほしい人に対して安心して話せる機会を提供するとともに、傾聴の学びの輪を広げることでよりあたたかい人間関係づくりとやさしい地域社会づくりに貢献することを目的として活動しています。

 

活動内容 傾聴電話(電話による無料の相談(傾聴)ホットライン

       傾聴に関する講演会・講座・研修等の企画

 

傾聴電話は月・火・木・金の10:00~16:00  電話番号043-214-8398

ぬくもりほっとらいん HP fttp://www.nukumorihotline.org/

事務局 〒275-0021 習志野市袖ヶ浦6-9-2

 

詳しくはホームページをご覧ください。